Just another WordPress site

フジテレビ系「スーパージャム′79〜80」に足寄公民館から生出演 12.31

【コンサート】
フジテレビ系 21:00~23:45
東京・日本青年館(吉田拓郎)、フジテレビスタジオ(山本コータロー・松任谷由美・森山良子)、ニッポン放送スタジオ、足寄町(松山千春)からの4元生中継。
郷里・足寄町で家族や友人達に囲まれて年越しをする姿や歌を足寄町公民館から生中継。

季節の中で/夜明け/恋/足寄町民歌<小林足寄町長、親友(阿部寿美雄・鈴木幸弘・佐藤耕一)と一緒に>/足寄より/生きがい

足寄町民歌♪ 作詩:本間一咲 作曲:八洲秀章

開拓の聖(きよ)き歴史を
みずみずし 久遠(くおん)につぎて
足寄 足寄 
もり上がる若き力よ
ああ秀麗の阿寒遥かに
勤労の勤労の汗はかがやく

生産の光と朗(ほが)ら
清々し生活(くらし)の窓に
足寄 足寄
ちりばむる夢よ誠よ
みよ美(うる)わしき月の湖
共栄の共栄の明日をひた呼ぶ

先覚の理想一すじ
新しき使命にもえて
足寄 足寄
躍進の時はほほ笑む
おお利別川のその末広に
展(ひら)きゆく展きゆく意気は凛たり
(昭和40年10月1日告示 町村合併10周年記念事業)制定より

とかち新聞 昭和55年1月25日発行 870号より

ふるさとから歌う
『松山千春たったひとりのコンサート』が大晦日の午後10時45分から1時間にわたってテレビに登場しました。この番組はフジテレビによる『スーパージャム79~80』で、午後9時から、吉田拓郎、松任谷由美、森山良子の歌に続いて、足寄町公民館からの生中継となりました。白樺林をバックに ♪季節の中で を歌う千春。

『どうも会場少ない拍手だったりするわけでありますが、お晩でございました、松山でございます。大晦日の最後にみんなにブラウン管を通してですが、こうして会える事は非常に嬉しかったりするわけで・・・足寄町の夜景は見応えありますよ、こんなに小さな町にいても大晦日が来て明日になれば元旦が来て、力強く生きてる人がいっぱいいます・・・』

♪夜明け 『今回、フジテレビの方が頑張ってくれましてね、総工費、1億5千万かけて、こうしてオレが出てもらえる金はチョロですからね・・』『愛を歌って24年とか何とか言ったりして、愛の歌でも聴いてやって下さい。』♪恋 この後、スタジオに新浦投手登場。そして質問コーナーがあり、親友3人と町長が登場して、♪足寄町民歌 を歌う。『ひょっとしたらこの番組、足寄のような小さな町から都会へ出て行って、この大晦日に見てくれてるんじゃないかなと思いますけどね。

ホント正月くらいでいいんじゃないかな、出来れば盆と正月には帰ってきてもらいたいなと思います。オレの友達にも錦飾ろうってハリキッテ出て行ったヤツラいっぱいいるけど、錦なんか飾らなくたって、元気な顔さえ見せてくれればそれでいいんですけどね、オレたちは暖かく迎えますんで、せめて盆と正月は帰ってきてください。』♪足寄より 

『テレビ云々って、いままであったりしたけど、今日は理屈ぬきでとても嬉しいです。大晦日1979年の最後にみんなにこうして会えたということは、エライ嬉しいです。何故フォークソング歌ってるんだって聞かれたら、自分でもよく解ってないんです。ただオレは春が好きだし、夏も好きです。秋も冬も大好きです。

山、川、空、全部好きです。そんな中でささいな事で悲しんだり喜んだり苦しんだり悩んだりしている人間というのがとっても好きなんですね。それを皆に大きな声で叫びたくなっちゃうんですね。明日があります、明日がダメなら明後日がある。だからオレはいつも夢みたいなものを追いかけて生きていきたい、そんな風に思います。』♪生きがい

アーカイブ

カテゴリー