Just another WordPress site

中野サンプラザホールにて五木ひろし・松山千春チャリティコンサート「心ひとつに」を開催。07.29

五木ひろしと松山千春が異色の競演!!
 
演歌に興味のない人でも、ちょっと観てみたいコンサートかもしれない。

 歌手の五木ひろしが7月29日に東京・中野サンプラザホールで行う「東日本大震災 復興支援 五木ひろしチャリティーコンサート」に松山千春が出演するという。 “演歌歌手” の五木と “フォークシンガー” の千春との競演は、もちろん初めて。ある意味で異色のコラボレーションなだけに、どんなコンサートになるのか…注目されそうだ。

 コロッケが物まねをする “十八番同士” っていうわけでもないが、五木にとって千春との競演は長年、温め続けてきた企画だったようだ。で、震災直後から「何か自分に出来ることはないか」と考え続けてきた五木は「やるんだったらこれしかない」と思ったようだ。

 3月のある日。五木は自ら千春に電話をかけ、震災復興に対する自らの思いを語り、チャリティーコンサートへの出演交渉をしたと言う。当初、千春は「演歌歌手なんだから、やるんだったら演歌仲間と一緒にやるのがベストじゃないか」と言い、五木からの出演を断ったという。が、五木は引き下がらなかった。「オレは千春と一緒にやりたいんだ。やるんだったら千春以外は考えられない」と言い切ったと言う。

 とにかく「出演をOKするまでは引き下がらない」と言う五木に、さすがの千春も「そこまで言うんだったら…」と出演を了承した。

 基本的に、千春は「チャリティーコンサート」に対しては、一貫した考えを持っている。例えば、義援金活動に対しては

 「『募金お願いします』とか言って。もちろんチャリティーを悪いとは思わないけど、あれだけやっていると、それこそ募金しない人が何か悪い人に見えちゃう」「ちょっと、やり過ぎだろうって。度が過ぎる。一般の連中までが募金箱を持って『お願いします』っていうのは待ってくれって! そんなことをやっているぐらいだったら働けって、もっと働いて、自分自身が稼いだ金の中から義援金を出せって言うんだよ。何、他人の金を当てにするな。オレに言わせたら、『募金お願いします』って、そういった姿を子供たちに見せていたら、今どきの子供たちは『何かあったら人に頼ればいい』って思うようになっちゃうだろうって」と疑問を投げかける。

2011年07月13日 文化通信より転載

セットリスト

♪です。(弾き語り、ゴダン)
♪長い夜(弾き語り、ゴダン)
♪激情(弾き語り、丹頂鶴)

♪夜空(千春)
♪恋(五木ひろし)
♪待っている女(二人で)
♪季節の中で(二人で)
♪リンゴ追分(五木ひろし)
♪津軽のふるさと(千春、カラオケ)
♪慕う(二人で)

アーカイブ

カテゴリー