Just another WordPress site

全日空国際線機内オーディオサービス(7月・8月)に登場。5月31日に発売された「再生」から6曲、オリジナル・アルバム「現実」から4曲を放送。07.01

松山千春「みんなイライラ」機内で歌唱…乗客笑顔に

 歌手の松山千春(61)が、搭乗した全日空機の出発が遅れたため、乗客のために代表曲「大空と大地の中で」を機内で歌っていたことが、全日空への取材で21日分かった。乗客は拍手喝采だったという。

 同社によると、松山は20日、札幌(新千歳)発大阪(伊丹)行き全日空1142便に搭乗。同機は午前11時55分に出発予定だったが、Uターンラッシュによる保安検査場の混雑で午後1時3分まで出発が遅れた。

 松山さんは午後0時50分ごろ、客室乗務員に「みんなイライラしています」と申し出て、機長の許可を得て機内放送用のマイクで同曲の冒頭を歌い「もう少しお待ちください」などと話したという。

 同機に乗り合わせた公務員の男性(26)は「松山さんが歌い終わると拍手喝采で、多くの乗客が笑顔になった。気遣いと美声に大変感動した」と話した。全日空の広報担当者は「松山さんの厚意に感謝したい」としている。

 松山は20日に出演した生放送のラジオ番組で機内の出来事を明かし「出しゃばったことしているなと思うけど、みんなの気持ち考えたら、何とかしなきゃ、みたいな。機長さんよく許してくれたな」と話した。

日刊スポーツ[2017年8月21日20時27分]より転載

コンサートにも機長さん、来られていましたね。飛行機内で松山千春さんの曲を流せばみんなイライラしなくなるのでは?

アーカイブ

カテゴリー