Just another WordPress site

北海道厚生年金会館にてファンの集い「CHIHARU MATSUYAMA MEMBER’S MEETING “SPECIAL”」を開催。08.08

 8月11日放送分より

『皆様 お元気でいらっしゃいますか? 松山でございます』

(全国高校野球)・・札幌第一高校は惜しかった。組み合わせ抽選会で 智弁和歌山とあたると聞いた瞬間、『あっ 夏は終った と思ったもんな(笑)。それがお前 なんとお前 頑張ったな。いい根性してるな ねえ。まああのう延長の末負けたわけでありますけどね もう本当に堂々と胸を張ってですね 帰ってきてもらいたいわなぁ』。あとは旭川工業に かけるしかない。
『旭川工業の皆さんね、本当にぜひ頑張ってね 甲子園で素晴らしい試合を見せていただければなあと思いますね』

8月8日、札幌厚生年金会館で ファンクラブ見守る会の〔メンバーズミーティングスペシャル〕をやらせていただいた。それに関して早速のメール。
『メールってすごいよな。すぐ来るんだからな』

☆大阪・ユミコさん・・・
昨夜はお疲れ様でした。千春さんが〔孤独〕なんて言うから 切なくて苦しくて 大阪に帰れないじゃないですか。千春さんの笑顔が私の幸せです。寂しい時は大阪に来てください。あなたの悲しみを拭い去れるなら どんな努力もしますから。いつも千春さんの幸せを祈ってますから。千歳空港にて。

千春さん・・・
『携帯電話かなんかでこう打つわけ? 俺 やったことがないからさ すごいよなぁ。ユミコ 大阪に無事に着いただろうか』
カ~ッとした素晴らしい天気の中で で迎えることができればよかったが、『夏  おかしくてですね、なしたんだべな』『お前たち あったか? 海 行くぞ!みたいな そういう日が。俺 なかったんだなあ(笑)』

☆愛媛県・ ? さん・・・
8日 おつかれさまでした。素敵な夜をありがとうございました。千春さんと過ごせた時間が忘れられない思い出になりました。今日 愛媛に帰ります。

千春さん・・・
『愛媛県からわざわざ来てくれたんだなあ。名前 書いてないもんな。ありがとうございます』

☆倉敷・ユキコさん・・・
先週の放送で、千春の事務所には田中マキさんがおられますが 〔マキ〕でとめてよかったような事を言われてましたが、我家には田中マキコがいます。子がついてもいい子ですよ。家の娘に謝ってほしいな。娘のクラスには石原新太郎もいたんです。委員を決める時は すぐ石原新太郎 田中マキ子と決まってしまうと嘆いていました。

千春さん・・・
名前は同姓同名ということがあり得る。田中マキ子ちゃんは 辞職された真紀子さんとは字が違う。石原新太郎君も新の字。字は違っても 読めば同姓同名ということがある。『いや、本当に申しわけなかった。うちの田中マキも立派な奴です』。東京の事務所女のこたちも来て久しぶりにゆっくり話し合ったが 『あいつらは ちょっと考えが甘いな、まだな』。

☆札幌・ヒロハルさん・・・
8日、千春ちゃんクイズで 等身大パネルが当たったヒロハルです。千春さんと同じ舞台の上に立たせていただき 握手までしていただき 大変感激しました。パネルは玄関に置きたいと思います。人事異動で釧路に転勤になります。道東で暮らすポイントなどありましたら教えて下さい。

千春さん・・・
札幌より雪の量が少ないが 気温はぐっと下がり寒い。子供の頃 海水浴場の雰囲気の所はあまりなかった。夏場の過ごし方としては ドライブをするには最高の所。本当の意味での北海道の雄大な大自然を、みたいな所はやはり釧路湿原。
『あの辺 お前行ったらすごいぞ。キリンさんやゾウさんがいてもおかしくないぐらいのさあ そういうそのう、俺が見てもそう思うもんな』。
雌阿寒岳 阿寒富士を眺めると とても心が落ち着く。

札幌と釧路の違いは まず気候。風土に関してはそんなに違わず 言葉もだいたい一緒。車で札幌から釧路までは 結構遠い。釧路から根室までがまた結構ある。高速道路があればもっと近い。高速道路ができて地方が活性化するかどうかというと また別の難しい問題がある。働く所がないと若者は 町を出て行かざるをえない。そのようなものを作り全国均一でサービスを受けられる国であったほしい。

8日の〔ファンミーティング〕・・『ゲンよぉ、今度からあれだな もうちょっと ミーティングなんだからさ、いわゆる来てくれた見守る会の会員の連中がさ  もっと俺にいろんな質問をするだとか 話し合う 語り合う ねえ え~抱き合うとかな、いろいろそのあるだろう、お前』

今回、写真を撮ろうと思ったが 時間がかかりすぎる。握手会も時間がかかりすぎ難しい。皆を一遍に集めての催しは難しい。個人的に会員のところを一軒一軒 『 おじゃまするっていう方法もあるけどな(笑)』(*σσ*)♪  
楽しい催しになりました。夏目と好永が来てくれ ハモってもらい〔君じゃない〕を歌った。私は ギターを練習して 手が痛くなった。

        ♪   君 じ ゃ な い   ♪

司会をしてくれた桂竹丸師匠は 本当におもしろいのに 高座やラジオ番組では なぜ面白さがでないのか。その辺が控えめなところ。
『あいつに 本当 に司会やってもらってね 正解だったと思うわなあ』

☆滋賀県・ヒトミさん・・・
最近、〔季節の旅人〕でフォークがかかっていたのは フォークジャンボリーに向けての千春さんの応援だったのですね。私は気がつくのが遅過ぎますね。

千春さん・・・
『あのね、まったくその通りよ』
要は 〔フォークジャンボリー〕はUHBの30周年記念の事業であり たくさんの先輩達が出演されるので できれば側面から応援させてもらいたいと思った。良さん こうせつ しょうやん・・皆に聴いてもらいたいというところがあり おかけした。今日 イベントが成功することを祈っている。

田中元外務大臣の辞職のニュースに、私なりのある種の憤りというか いら立ちを感じた。田中さんも最終的に説明がつかないという部分があり辞職という形になった。
「法の名のもとに 皆 平等だから 田中外相も」という報道がある。確かにそうだが、法とは 我々が暮らしていきやすい 幸せになるための一つのルールである。そう考えるとこれで4人目の辞職、一人が逮捕という形になった。
『これによって 一体誰が幸せになったんだ? 何が得したんだ?』

『解散 総選挙をやってしまえ、国民に真を問えとか云々言うんだけどさ 真を問うにしてもなんにしてもな、我々には材料がない』。
極端に言わせてもらうが 法の下に平等なら 第三者機関のようなものを作り 〔議員の秘書給与〕 〔口利きをしたことがあるかないか〕〔政治献金をどのようにもらっているか〕を調べその資料があって解散総選挙なら我々も選びやすい。

ビクビクしながら政治や経済をやっていたらぜったい良いことはない。国民一人一人ががどこまでを認めるかである。このようなことをしていたら 評論家やタレントに近い人間 二世三世議員しか当選しなくなる。我々の生活の機微をわかってくれるような政治家がいなくなるような気がする。最終的に政治の益を受けるのは我々国民だから 我々ももっと勉強していかなくてはならない。

今『日本はどこにいくのでしょう、と 気になる』。
日ハム 雪印もそうだが、内部告発をどんどんやられ 最終的にはマスコミにたたかれ 会社がつぶれていくから 企業はいつもビクビク。じゃあ ビクビクするようなことをしなければいい・・と言うのは正論である。

しかし大きな間違いだと思うが、『ばい菌を無くしてしまったらな 良い菌もいなくなってしまうんですよね。良い菌だけで生きていけるかって言ったら これ 生きていけないんですよね。そういう意味では あまりにもきれいごとだとかな 並べ立ててですよ それも上っ面のですよ、なんか本質を見誤っているみたいなね』、そういう気がしてしょうがない。

悪い事をしたら 誰かが追求 批判 非難して のけものにする。そしていかにも「世の中がきれいになりました」と。こういうきれいごとはやめよう。悪い事をした人間や物をわれわれの社会に取り入れて浄化するのが 本来の社会であり国家であると思う。とにかく悪い者はつまみ出せという考えは 改めなくてはならないと思う。

無菌状態では 我々は生きていけない。なぜ上っ面だけの無菌状態を作ろうとするのか。
『良いことも悪いことも全部含めて 我々人間一人一人じゃないですか。人生じゃないですか。あらためて 私はそういうのを問いたい』

田中さんが辞職され 憤りというか こんなことばかりでは政治も経済もよくならない。生意気なこと でかいことを言ったらすぐ足元をすくわれる。自分も いろいろなことに巻き込まれ頑張っているが 『これはもうまた自分で楽しいんだも。松山千春という人間ににどれほどのちからがあるんだろうか みたいなね。ある種試される部分だからな。それはそれでね一生懸命頑張りますけどね』。

         ♪   受 難 の 時 代   ♪

   〔 お葉書き お便り 〕〒060―8705
               STVラジオ
               松山 千春 季節の旅人 係
   〔 メール 〕     chiharu@stv.ne.jp

今の内閣は ほとんど生活感を感じさせないような大臣ばかり。彼等は何を考えているのだろう。経済は持ちつ持たれつという部分があり、採算性が悪いから改革しなければならないということはあるが、もう少し大きな目で物事を見ていった方がいいのではないか、と コンコンと田中マキに言った。

採算性があわないとか ペイできない時は 公の力で補えばいい。高速道路民営化推進委員が言っていたが 高速道路が「永久に無料になることはない」と。それはそう。どう考えても、償還しても その後の維持管理費が必要になる。公共の力を ある程度見ていかなくてはならない。なんでも民営化というのはよくないのではないか。

∞∞皆と話すと 色々な意見があり面白い。竹丸と話した・・自然環境が抜群の北海道は資源に甘え過ぎているのではないか。料理にしても素材だけに頼っている部分がある。人的資源にも甘え過ぎている。

芸能人でも、『私は かろうじてこうやって北海道にいますけど、みんな出てくだろう。成功したら皆出て行くんだ。北海道って』
ドリカム グレイ 細川たかし 北島さんも出て行って みんな帰ってこない。何故かというと 資源を大切にしないし 又 守ってあげられないから でていくことになるのではないか。成功すると 人も企業も道外にでていってしまう。成功した人を もっと育てればいいのだが なかなかできない。

プロ野球の日ハムがくる。果して盛りあがるか。外から来たものに対してはもてなすが 中にいるものには そうでもない。倉本聡やムツゴロウさんにとっては北海道は住みやすい所となる。北海道で育ってきた者に対して 『頑張れ! よくやった!というところがないところ』。
スキー 相撲 アイスホッケー 社会人野球 サッカー にしても もっと応援してやってくれという気持ちになる。エア・ドゥにしても頑張ったが 大手がでてくると小さい所はやられてしまう。果して エア・ドゥを どこまで応援できたかというと 難しいところがある・・・と いろいろ話した。

道民一人一人が主役になって もっと北海道の事を考えてもらいたい。なんと言っても資源があるのだから∞∞2時間くらい 皆で話し合った。

北海道だけで食べていけるタレントはいない。これも資源の一つなのに バッと外に出してしまう。これはいいことではない。北海道で生まれた とれた資源は北海道産として見てほしい。

『また来週!!』

アーカイブ

カテゴリー