Just another WordPress site

デビュー25周年記念「松山千春LIVE BOX1980-1999“O・I・RA”(10枚組)発売にむけて表参道「FAB」にて初のコンベンションライブを開催。08.20

 8月26日放送分より

『皆様 お元気でいらっしゃいますか?8月最後の日曜日ということでありましてですね、このあと あれだべな すぐ秋風が吹いてきてだよ、そしたらやっぱりこの初雪がまあな・・懐かしいそういう気分になってきたりする・・』
〈日本海オロロントライアスロン 国際大会〉が留萌管内で。
〈北海道マラソン〉が札幌で。
〈北海道マラソン〉のイメージソング 《新たなる旅立ち》は CMで流れているが、マラソンにはもってこいだろうみたいな曲。放送するTV局が他局なので詳しいことは言えない。

10月頃に新曲を出す予定で、そのためのミュージックビデオを作ろうとしている千春さんです。
『本人出るんだけど どういう設定にしようかってな いろいろ考えるわけだ。ああいうミュージックビデオ作る時にですよ、女だな 問題は。なあこれ どれ使ったらいいだろうっていうな。ほいでさあ あんまり若い女使うのも なんだべや。単なるロリコン親父と思われるだけだからな。したらよ ある程度年の・・年いき過ぎても又困るべや、なあ(笑)。そういう・・歌の内容が内容だからな。ね~そのなあ お母さんとか おばあちゃんという歌なら別だけどな ねえ ちょっとその恋愛ものだったりするんでな・・』といろいろ計画中だそうです。

〈葉書き〉
『ありがとうございます。誠に申し訳ないですね。皆こうやって 50円の葉書きをですよ こういうふうに毎週送ってくれるんだからな』

☆室蘭・ツバタさん・・・
おはようございます。26日 またまた 利尻島一周サイクリング 約61キロに参加予定です。ひとこと 「頑張れ!」と言っていただければ幸せです。

千春さん・・・
『ツバタ、今 お前まさに 走ってる最中でないのか?頑張れとかそういう問題じゃないよな、お前。完走しなさいよ、完走!!俺は本当思うもんな、やっぱり遅くとも早くとも完走するってことが気持ちの良さっていうのかな・・』今日の〈北海道マラソン〉も 早い人もいるし 3時間以上かかる人もいる。いろんな人がいて いろんな記録がでるから『とりあえずは ます完走!!』

『俺も25年間ですね 歌ってきてですよ、25年間一度もコンサート休むことなく、もちろん その 入院した事もあったし 事務所が変わったりとかですよ、いろんなことがありましたけどね、それでも25年間ずっと 歌い続けてこられたっていうか コンサートやってこれたっていうのは それは自分なりにまず納得できるな。まあ よくやったんではないかみたいな気持ち。まあ内容は別として・・(笑)』

8月22日〈ライブアルバム《O・I・RA》〉が発売に。20日にP.Rを兼ねて東京で 各TV ラジオ 新聞 雑誌の媒体の方100人ほどに集まってもらった。千春さんのコンサートの雰囲気をしってもらうため 何曲か聴いてもらい その後質疑応答。その日 いしだ壱成 が捕まった日で納得いかなかった。日にちをずらしていたら『稲垣にぶつかっていたかもしれませんからね』。そう考えると 世の中何が起きるかわからない。

マスコミ媒体の人は 一般のお客さんとは歌の聴き方が違う。マスコミ媒体の人を集めたコンサートは だいたい拍手もおきないらしい。しかし 千春さんの場合『ここで拍手しないと 何されるかわからないな(笑)みたいなな・・なんかあったんだな(爆笑)』丁寧に拍手はしてくれるけど 義理の拍手か 感動の拍手かはわかるそうです。普通のコンサートの皆の拍手には 温かいものを感じるが、『な~んか 奴らの拍手は 冷たい風が吹くもな』。2時間 3時間のコンサートではないので 雰囲気が十分伝わったかどうかはわからないけれど、『日本でコンサートやってるシンガーソングライターとしては やっぱり 松山が一番だな~みたいな そんな自覚を持って帰られたんじゃないですか。今度から ちゃんとお金を払ってコンサート会場に行くべきだなあ・・そんな声もあったかどうか定かではありませんけどね、いやいや~(笑) あやふやな情報は入ってくる』

〈東京NHKホール〉でのコンサートとしては 21年前の1980年9月しかないのではないか。あと 森進一さんの〈じゃがいもの会〉によばれたことがあったが、あれ以来呼ばれていない。
『ゲストでボロクソ言って帰ってきたからな あれ以来 森さんもひいたんだろう,少し・・』

すでに〈ライブボックス〉を聴かれた方はわかるでしょうが、1枚 2枚と聴いていくうちに お客さんの「わ~~きゃあ~~・・・」という歓声が だんだん なくなっていく。納得いかない部分がある。若い人達には「千春さんのコンサートって 昔こんな わ~ きゃ~状態だったんですね」と新鮮にとられる。

  ♪  車を止めて (1980年 東京NHKホールでの録音) ♪
 
☆札幌・トモエさん・・・
朝のワイドショー〈とくダネ!〉に千春さんが出ていたのを見てすぐ書いています。私達の住む北海道の星は空気は澄んで どこよりも美しく輝いて綺麗だと確信しています。そんな北海道の星は千春さんそのものだと思っています。花火は一瞬で消えてしまいますからね。いつまでも 流れ星にならないで輝き続けて下さい。

千春さん・・・
『そうだな、星は星でも流れ星になっちゃまずいな、ね~』
15日 足寄に帰る日、真駒内競技場にリポーターがきてくれた。司会の小倉さんは北海道が好きで 家まで持っている。気が合うところがある。小倉さんも一時 野村沙知代さんのことで TVでいろいろ発言し騒がれたりして、けっこう言うタイプの人。
『俺なんか 毒舌だとか皆に言われるけど 俺より言う奴いっぱいいるんだって。ただ俺の場合 人相とかいろいろそういうものもあってな、相乗効果になっちゃってるんだも、俺の場合・・』『徳光さんだって 言う時には言うからな。あの人涙もろくてな あの顔だからさ たいしたきつくは聞えないけどさ』

明日は、千春さんをこの世に生んでくれた 竹田さんの命日。今でも竹田さんが天国で「なんという曲を作っているんだ、お前は」『いやあ 申し訳ないです』・・ 自問自答する事があるそうです。
『8月27日は 私にとってはもう 忘れられない 本当に忘れられない日だなあ。なんなんだろうな』

先日のマスコミ向けのイベントでも言ってきたが・・『もうちょっと 誇りを持って 自分の仕事を考えてみてもらえませんか?あなた達の活字一つ一つ、喋り一つ一つ、画面一つ一つが どれほど世の中に多大なる影響を与えているのか、そういう事をもっと真剣に考えていただけませんか。私達も歌を歌うという事で その一曲一曲がどのような ねえ・・極端な話しあれだべや、ずっと俺のこと応援しててくれてだぞ 、俺がそれこそ〈モーニング娘〉みたいなだぞ 何人祭とか言いながらだぞ 急に踊って歌い始めたらさ そりゃあガッカリするだろう、お前。なんだったんだ今までは みたいなね。そういうことやっぱり 皆にね裏切っちゃいけないなっていう部分があるしさ。そうやって考えたらある程度 責任を持ちながら 誇りを持ちながら仕事をやってもらいたい』

竹田さんは 本当に誇りを持っていた人。レコード会社の人が 各ラジオ局に レコードジャケットに〈強力推薦盤〉のステッカーを貼って持ってくるが、竹田さんはそれをブン投げる。「お前 今月になって〈強力推薦盤〉何枚持ってきた?本当に推薦したい曲なのか?これが。ただ 単にこんなステッカー貼ればエライってもんじゃない」「最高の曲で全世の中の人に聴いてもらいたいと思うのなら 自信を持って貼ってきなさい。あの歌も貼ったし この歌も貼ったし・・流れで貼ってくるんでない」と厳しいことを言っていた。

『誇りを持ってこの曲をお勧めしますとか この番組をお勧めしますとかな、・・一般食料品であろうが 衣料品であろうが そういうもんもそうじゃんか。最高です!最高です!ってCMやなんかではバンバン言うけどさ、どこまで本当に品質に自信を持ち 安全性に自信を持ち やってくれてるのか?それを支える多くの人たちがいると考えながら いろいろなものを手にしたり 口にしたりしなくてはいけない』

☆札幌・ユキエさん・・・
タイトルが 何故《O・I・RA》なのか不思議に思っていましたが、唯一の未発表曲だったんですね。珍しくお母様も登場するあたたかい曲ですね。『愛を歌って何十年』というセリフ、バックの方達をさん付けで紹介する初々しい声の千春さん。3、4時間も並んでチケットを手にしていた頃の自分を思い出しながら味わっています。

千春さん・・・
『ケ~~ッ!そうだな、そうやってチケットを買ってくれてたんだもな』。翌日コンサートがある前夜 車でとばしてたらぞろぞろ並んでいた。『俺のチケットを買うのに並んで・・・ああいうのを見ると嬉しくてしょうがない』。
タイトルは 未発表曲というより 忘れていた曲だそうです。久しぶりに聴いて『ああ~~この曲は 作ったことがある。けど、レコーディングしなかった。なんでなんだろう』・・丁度その頃、事務所のトラブルがあって レコード会社を変わる時期でもあったりして 埋もれた曲だった。

『これこそ強力推薦盤だな。誇りを持ってお届けします』・・という
      ♪   お い ら   ♪

☆白糠(しらぬか)・エリコさん・・・
体調はいかがですか?今回 千春さんに謝りたくてはがきを書きました。8月16日、本別町の〈とうもろこし3万坪迷路〉に行ったついでに 千春さんの家に行ってみようと友達を無理矢理連れて行きました。そしたらびっくり!ひとひとひとひと・・ベンツがある。かなり期待して家の前で待ってました。すみません千春さん そして家族の方に迷惑かけたこと謝ります。

千春さん・・・
『別にあやまることでも なんでもない。あの~あれだべ、俺が出ようとしたら いたもんな。ほいで写真撮ろうぜ!ってな、皆で写真撮った中の人じゃないかなと思うんだけどな。お子さん連れのこかな?子供は 「誰?このおじさん」みたいな感じで・・あれ納得いかないもな(笑)』

☆旭川・メグミさん・・・
体力作りの調子はいかがですか?8月15日 両国花火大会に行ってきました。帯広の〈勝毎花火大会〉に次ぐ大きな花火大会です。8千発、地方からも見にきているはず。私は千春さんと又もニアミス。何年か前沖縄で ホテルのフロントにゲンちゃんがいたことがありました。私はきっと千春さんに声をかけてもらえずに一生終わることでしょうね。

千春さん・・・
『ゲン とりあえず お前から声かけてみよう!なあ メグミ。段階をふんで 俺が最終的に声をかけるようにしよう』
多分 野球のキャンプで皆で 遊びに行っている時ではないかとのことです。

首がまわらないという千春さん。借金ではないそうです。多分 寝違えたのではないかと。寝違えた時に喋るのは 意外と辛い。首が痛くて後ろも向けない。葉書きを集中して読もうとするけど痛みが気になって 口が回らなくなる。

    おはがき どんどんお寄せ下さい。
    〒 060-8705
      STVラジオ
      松山 千春・季節の旅人 係

8月28日 火曜日は 〈加藤晴彦のオールナイトニッポン コム〉に出演です。
夜中の1時~3時まで。加藤君と喋ってくるそうです。
加藤君は名古屋出身で 大の中日ファン。中日といえば・・千春さんの嫌いな、ユニフォームが嫌いなのだそうですが(^-^;、弟のような 立浪選手がいます。加藤君が立浪選手に会いたい・・ということで、皆であったそうです。チューブの前田さんも一緒。そして「千春さん 俺にもいい弟ができました。僕にもパシリができました。晴彦はいいです。こいつは なんでもやりますよ、こいつは」と前田さん。それまでは 前田さんが一番年下でパシリみたいだったとか。

☆札幌・チアキさん・・・
先週は葉書きを読んでいただきありがとうございました。政治家のこと・・野党を付け加えます。田中外相・・好きだという感情も 信じているという言葉も応援のつもりだったのですが、言葉には気をつけたいと思います。

千春さん・・・
『与党も野党もそうなんだけどね、今日本が置かれてる状態から考えればですよ  まあ俺も自分は株やってませんからね 株価が上がろうが下がろうがさして大きな・・個人的にはですよ 打撃にはならなかったりなんかするんだけど やっぱり各不良債権をかかえている銀行だとか 大手ゼネコンですとかそれとか一般の会社もそうですよね やっぱり資産価値が下がるわけですからね、そしたら借金を頑張って返そうと思っても返せないような状態が続いたりするし、銀行も余計に貸し渋り・・という状態になっていっていって デフレスパイラルという状態に入ってくみたいな形だけど・・』

そう考えると、サイクリングで61キロ走ってくる ツバタさんはすごく豊かだと思う。たいしてお金もかからないで一日をエンジョイできる。立派!。自ら室蘭から行って なんてことはないことなのに エンジョイしている。我々は 楽しむことを忘れているのではないか。特に今の若者に目を向けると・・
『お前等 一生懸命 何が楽しくてわからないで やってるんだろう。逆に楽しいものを・・何かあれば楽しくなるさ・・みたいな気持ちですごしていないか?お前、今日をな 無駄にしても 明日があると思っているんだろう』

ところが 高齢者達は 明日はどうなるかわからないから 今日を楽しく生きたいと思うのではないか。今日を 充実してエンジョイした一日を送りたい、と。若いうちは 本来何をしても楽しいもの。
『ところが この頃のガキは 大通り公園に出て集まってみたりよ あちこちのビルの前で座ってだぞ ただダラダラやってたりなんかしてよ それこそ コンビニの前で皆でウロウロたむろしてよ。あれ、楽しいものを待ってるんだもな。バカタレ!この。若いもんが 待ってどうするんだ、このバカタレが、なあ。俺達 年よりがこれから進もうとしているのにな、若い者が 待ってちゃいかんよ、お前!』

  『  自分からさがせ!! 自分から 汗ながせ!! 歩き出せ!!  』

今後 構造改革が進み 「リストラ」とか「失業者が増える」という暗い話題が続くが、例え給料が 今の8割になろうが半分になろうが豊かな暮らしはできると思う。サイクリングもできるし 川原を散歩することも 海に行くことも ジョギングすることも バスケット バレー バトミントンもできる。いろんな楽しみ方で 豊かな生活ができると思う。一喜一憂しないで 我々は何を楽しめばいいのか、基本的な事をもう一度考えてもらいたい。

小泉さんもこれから いろいろやられると思うが、・・『我々一体 どういう暮らしをしたいんですか? 逆に 小泉総理は国民に問うべきだ』
例えば 給料を2倍 3倍にして欲しいとか 庭付きの一戸建てに住みたい・・とか。なんでもそろっているこの世の中で 我々はどういう生活をしたいのかという事をしっかりと。

『本当に 皆 どんな生活をしたい? まあ俺は 俺なりに多少なりあったりなんかするんだけど。それは 決して金がかかる問題ではないんだ』

       ♪    新たなる旅立ち   ♪

『このまま 日本が進んで行けばどうなるだろうか?最終的には 貧富の差が大きくなるだろう。一般的にですね中流意識を持っていた日本人がですね このまま規制緩和とか 構造改革とか進んでいくと 一次の段階でですよ 貧富の差が大きくるだろう。 その時に初めて又 新たな政党が組みかえられて作られるんではないか』・・・という結論に達した千春さんです。友達と難しい話しをするのも楽しい。友達がいるから話せるし、友達は一人でも多いほうがいい。
『くだらないのもいればですね、いいのも ほしいですね(笑)。それでは 又来週!』

アーカイブ

カテゴリー