Just another WordPress site

松山千春さんのラジオ 2018.1.28

オンエアー曲は猫「雪」、ふきのとう「白い冬」、フォー・クローヴァース「冬物語」、松山千春「雪」でした。


猫 「雪」

千春さんはまずスポーツ界での相次ぐ不祥事について話されました。ラグビーではサントリーに所属するジョージ・スミス選手が乗っていたタクシーの料金を支払わずに逃走、追いかけてきた運転手を殴って約2週間の怪我を負わせるという事件がありました。お酒を飲んで酔っ払っていたとはいえ、覚えてないでは済まされない事件だと思います。大きな体の選手に殴られて、タクシーの運転手の方もとても怖かったと思います。そして千春さんの愛する北海道のバスケットチーム、レバンガ北海道でも米国籍の選手が昨年11月下旬に米国から国際郵便で乾燥大麻を輸入した疑いで逮捕されました。これはもう、折茂さんがかわいそう。一流のスポーツ選手なのに組織に所属している自覚はあるのかな。悲しいです。相撲では大砂嵐が無免許運転で追突事故を起こしていたとか。否定しているらしいですが、嘘はつかないで正直に全部話して欲しいです。真実は一つしかないので。
明るいニュースは栃ノ心の大相撲初場所で6年ぶりの平幕優勝です。かっこいい相撲でしたね。外国人でも日本の心を持ったお相撲さんという感じがしました。これからも活躍していただきたいです。相撲には詳しい千春さん、いろんな相撲取りを知っているけど、なんでみんな本場所で力が出ないんだろうとおっしゃっていましたが、栃ノ心には本当に力がある、今の状態だったら来場所もありえると期待されていました。

[大相撲2018初場所14日目] 栃ノ心が幕内初優勝!!対 松鳳山 栃ノ心インタビュー付

日本大相撲協会は、過去に力士として活躍してきた人が運営までしている、松山千春さんはこんなことをしているのは世界でもないのではないか、世界に誇れることだとおっしゃっておられました。確かにそうかもしれないですね。理事長は現役時代に横綱をはっていたものがなりやすい傾向にあります。そうなると、最近は外国人力士が多いので日本国籍を持つ横綱までやった人間がこれから出てくるのか千春さんは心配されておりました。相撲は素晴らしいのでいいところは残し、悪いところは変えていき、何百年も続くような大相撲の世界にして欲しいとおっしゃっていました。同感です。貴乃花親方のいう改革については、何を改革するのかわからないから伝わらないと千春さんはおっしゃっていました。

白い冬  ふきのとう

そして、今日も東京は降っていますが雪の話題。「ママさんダンプ」って何?

雪国の常識 〜ママさんダンプ編〜
え!これ実家でずっと使っていましたよ。名前は知らなかったけど。冬は私もこれで雪かきしていました。東京育ちの夫は知らないだろうな。自宅ではスコップしか持ってないけど、雪国ではスコップなんて使わないよね、疲れそうだし。

初マラソンで優勝!松田瑞生【大阪国際女子マラソン】
元気で可愛い!東京オリンピックでのメダル、期待しています。


フォークローバース冬物語

野中広務・自民党元幹事長 92歳で死去
野中さんがお亡くなりになりましたね。92歳ではありますがもっと長生きしていただきたかったです。松山千春さんとの対談を以前されていましたよね。あっさりした報道が多かったので、私は少々不満です。松山千春さんが最後に野中さんと会われたのはどなたかの結婚式で、「野中さん、まだ生きてたの?」「松山くん、政治家ってのは長生きしてなんぼだからね。」という会話をされたそうですよ。面白いですね。ご冥福をお祈りいたします。

そして弾き語りコンサートのことを話されました。弾き語りだから盛り上がらないかもしれないけど、一曲一曲、詩を噛みしめるように歌わせていただきたいとおっしゃっていました。体力と指の力があれば70歳でも80歳でも弾き語りでコンサートをやりたい。いったんここでやってみたいとのことでした。私もじっくりと聴きたいので、もし抽選で当たったら行くのが楽しみです。

アーカイブ

カテゴリー