Just another WordPress site

コンサート・ツアー「愛を贈る」スタート。(全国33公演)10.11

セットリスト例

~イントロダクション~
愛を贈る
逢いたい
Sing a Song
流れ星
優しい風
タイニー・メモリー
風雪流れ旅(バンド演奏)

男と女

—休憩—

帰郷
僕の好きな風景
卒業
空を飛ぶ鳥のように 野を駈ける風のように

限りある命

—アンコール—

夜よ泣かないで(弾き語り)
こんな夜は(弾き語り)

10月11日(木)北見市民会館  
10月16日(火)大分文化会館
10月18日(木)鹿児島市民文化ホール  
10月19日(金)宮崎市民会館  
10月24日(水)静岡市民文化会館  
10月25日(木)京都会館
10月26日(金)神戸国際文化会館
10月30日(火)秋田県民会館
10月31日(水)山形県民会館
11月04日(日) 都市計画公園東山緑地
11月05日(月)宮城県民会館
11月08日(木)小倉厚生年金会館  
11月09日(金)福岡サンパレス  
11月12日(月)富山市公会堂
11月13日(火)金沢市民観光会館
11月15日(木)長野県民文化会館
11月16日(金)新潟県民会館
11月20日(火)大阪城国際文化スポーツホール
11月21日(水)山口市民会館 
11月28日(水)愛知県体育館  
11月29日(木)愛知県体育館  
12月01日(土)東京厚生年金会館
12月02日(日)東京厚生年金会館   
12月03日(月)東京厚生年金会館    
12月05日(水)神奈川県民ホール
12月06日(木)郡山市民文化センター
12月10日(月)倉敷市民会館  
12月11日(火)広島郵便貯金会館
12月13日(木)高知県民文化ホール  
12月19日(水)松山市民会館  
12月20日(木)高松市民会館  
12月21日(金)徳島市立文化センター
12月26日(水)旭川市民文化会館
12月27日(木)小樽市民会館

とかち新聞 昭和59年6月25日発行 923号より

主筆の室より・・・
千春から足寄の自宅に電話がかかってくるたびに必ず出る言葉は、「父さん、からだはどう」という心配、「元気だよ」といってもこの頃は信用しないので1回人間ドックに入って検査してもらったらといって、
親しくしている名古屋の医院長を紹介してくれました。5月8日に姉の絵里子を連れて名古屋へ行き、9日に検査を受けましたが、頭のてっぺんから足のつまさきまで200ヶ所ほど調べられましたが、これといった異常はなく、ただあまり美食をせず、酒量を減らすべきだと言う事でした。

マスコミが描く千春(2)
「初の東京コンサートも大入り、温かさ、やさしさ・・・”海”感じさせる歌手」との見出しで、「十勝管内足寄町に住み、STVやニッポン放送のD・Jで人気の松山千春(21)が、東京で初のコンサートを開いた(昭和52年11月16日新宿厚生年金会館小ホール)。道内では絶大の人気だが、東京でも雨の中会場は満員で、入場できなかった人も出るほどだった。東京では未知に近かったが、同夜は開幕と同時に不安は消し飛んだ。サングラスに乗馬ズボン、編み上げ靴というスタイルで、♪君のために作った歌 を歌い始めると、すぐに打ちとけたムード。澄んだ声と甘さのあるマスクもなかなか好評で、♪おやすみ まで中休みを入れて19曲、2時間会場を沸かせた。」

人と生まれて・・・
春のコンサートツアー「人と生まれて」は順調に進んでいます。大都市を中心に17回の公演で、どこも大入り満員の盛況ですが、いつものようにテーマ・タイトルをかかげてのコンサートも板について、千春一人のリードで観客を引っ張っていってる形です。客席から声がかかると、とっさにジョーク交じりで答える千春のステージは、時には口が悪いが優しさがいっぱいの感じで、その町々でのファンとのふれあい、出会いを語り、足寄の家族の事にふれるあたりは、自分も楽しそうで、孝子さんの事もハッキリ言っています。

アーカイブ

カテゴリー